2019 最安値価格!!一流店”を実感!本物保証・不良補償・紛失補償で安心お取引。

【すぐに使える10%OFFクーポン配布中】徳川家康(征夷大将軍)・戦国武将モデル 【送料無料】

【すぐに使える10%OFFクーポン配布中】徳川家康(征夷大将軍)・戦国武将モデル 【送料無料】

98182d031a80e1dd

税込17,800 税込13,350
割引: 25%OFF

選択して下さい:


個数 


この商品の特徴



乱世に終止符を打って世に太平をもたらした3大武将!
東海地方の英雄が愛用した刀(模造刀)!
戦国武将≪徳川家康(征夷大将軍)≫モデルの模造刀が、お値打ち価格で新登場!
【寸法】全長:約106cm、刃渡:約70.5cm、 柄長:約25.5cm
【重量】総重量約1,230g(鞘払約990g)
【刀身】普及型合金
徳川 家康(1543年~1616年)

三河国・岡崎に岡崎城主・松平広忠の子として誕生。
当時の松平氏は弱小であり、広忠は臣従していた今川氏に竹千代を人質として差し出すこととなる。一時、家臣の裏切りにより織田氏の人質となるが、信長の兄信広との人質交換により今川氏に送られるが、桶狭間の戦いにおいて今川義元が討たれた後、独立し、織田信長同盟を結び勢力を広げていく。やがて、本能寺の変において信長が明智光秀に討たれると、豊臣氏に臣従し、豊臣政権の五大老筆頭となる。
秀吉の死後、関ヶ原の戦いに勝利し、天皇から征夷大将軍に任ぜられ、江戸に幕府(江戸幕府・徳川幕府と呼ぶ)を開いた。大阪の役にて豊臣氏を滅ぼしたのは自己の保身のためという説もあるが、当時は浪人が豊臣を担ぎ、戦によって士官を望むものが多く、移封を拒んだ豊臣氏を征伐するのは泰平の世を築くためにはある程度止むを得なかった(当時の常識としては)という声も多い。大阪の役の翌年に駿府にて没